/ #misc 

2017年大河ドラマ傾向と対策

年の瀬です。

大河ドラマ「真田丸」終わっちゃいました。 吉田羊良かったですね。

このエントリではにわか大河ドラマウォッチャーである私が2017年の大河ドラマについて考察します。

ここ10年の大河ドラマの主人公と時代背景

年度 主人公 時代背景
2007 戦国
2008 幕末
2009 戦国
2010 幕末
2011 戦国
2012 平安
2013 幕末
2014 戦国
2015 幕末
2016 戦国
2017 戦国
2018 幕末

なんか一個「平安」が混じっているんですが、だいたい

  • 幕末と戦国
  • 男主人公と女主人公

を互い違いにやっていく、という、そんな感じです。

ちなみに2012年の平清盛は、世間の評価とは違い、我が家の中では人気が高いです。

今回は珍しく、戦国->戦国ですね。

2017年の大河を見るにあたり考えていくべきポイント

2点あると思っています。

  • 女性が主人公であること
  • 小野道好/鶴丸役の高橋一生と、小野道好が死ぬ時期

女性が主人公であること

上記の表にある通り、近年は女性が主人公であることが多いのですが、 これは2008年の篤姫のヒットによるものかと思います。

以降、女性が主人公である大河が3作ある(江、八重の桜、花燃ゆ)わけなのですが、視聴率では篤姫に遠く及びませんでした。

実際私も見たのですが、なぜか全く面白くありません。

なぜ女性が主人公だとこうなるのか、については色々と考えられることは多いと思いますが、 どうしても毎回感じる「誰やねん」感は払拭できない、というところに尽きると思います。

いやまあ、お江の方はまだわかりますが、いくら真央ちゃんとはいえ吉田松陰の妹って誰やねん。

小野道好と、小野道好が死ぬ時期

という1点のみが見どころではないか、という話です。

高橋一生演じる小野道好(小野政次、鶴丸)がいつ死ぬか、というところがポイントになってくるかと思います。

こいつが死んじゃうと伊勢谷友介亡き後の花燃ゆみたいになっていく感じがします。

まとめ

  • 吉田羊良かったですね
  • 井伊直虎誰やねんという感情は押さえつつ、来年は前半からしっかり見ていきましょう
    • 前半戦で高橋一生いなくなる可能性あるため
Author

hoshinotsuyoshi

星野剛志(ほしのつよし) web application engineer. ruby/rails/docker