複数mastodonを考える 🐘 🐘 🐘

terraformの練習がてら、複数のmastodonインスタンス🐘を立ててみました。

RedisとPostgresの運用をラクしようとするとElastiCacheとRDSを使うことになります。

しかし、がんばってRDSを1台で運用したとしても、 以下のように、Redisだけで3インスタンス目で38ドルもかかってしまいます。

# 🐘 ElastiCache RDS
1台目 $0/mo.(初年度無料枠) $0/mo.(初年度無料枠)
2台目 $19/mo. (無料枠 + 1台) $0/mo.(無料枠1台でがんばる)
3台目 $38/mo.(無料枠 + 2台) $0/mo.(無料枠1台でがんばる)

ケチケチ作戦

そこで、Redisも1台だけにしてしまいます。

# 🐘 ElastiCache RDS
1台目 $0/mo.(初年度無料枠) $0/mo.(初年度無料枠)
2台目 $0/mo.(無料枠1台でがんばる) $0/mo.(無料枠1台でがんばる)
3台目 $0/mo.(無料枠1台でがんばる) $0/mo.(無料枠1台でがんばる)

その他はこんな構成です。

slack

これでEC2代だけになったわ♡ と思ったところ、そんなにうまくはいきませんでした。

動作確認したところ、どうも🐘のキャッシュが他の🐘に影響を与えてしまっている、、

ケチケチ作戦ワークアラウンド

こういうふうにやっていきます。

--- a/config/initializers/redis.rb
+++ b/config/initializers/redis.rb
@@ -4,5 +4,6 @@ Redis.current = Redis.new(
   host: ENV.fetch('REDIS_HOST') { 'localhost' },
   port: ENV.fetch('REDIS_PORT') { 6379 },
   password: ENV.fetch('REDIS_PASSWORD') { false },
+  db: ENV.fetch('REDIS_DB') { 0 }.to_i,
   driver: :hiredis
 )
diff --git a/streaming/index.js b/streaming/index.js
index a1e7eaca..29ded9e2 100644
--- a/streaming/index.js
+++ b/streaming/index.js
@@ -39,7 +39,8 @@ const wss    = new WebSocket.Server({ server })
 const redisClient = redis.createClient({
   host:     process.env.REDIS_HOST     || '127.0.0.1',
   port:     process.env.REDIS_PORT     || 6379,
-  password: process.env.REDIS_PASSWORD
+  password: process.env.REDIS_PASSWORD,
+  db:       process.env.REDIS_DB || 0
 })

 const subs = {}

REDIS_DBという環境変数を誕生させdbを隔離します。

これでいまんとこ大丈夫だけど、redis詳しくないし、何か間違っている気もする🎲保証はしない

インスタンスごとに0,1,2,3…と値を入れます。

このへんの制御もterraformでやる。

✎まとめ

terraform楽しいです