/ #github #github-pages 

GitHub Pagesが提供するhttpsに乗り換えてみた(ノ´∀`_)・Cloudflareとスピード比較してみた

GitHub PagesがカスタムドメインのHTTPSサポートを始めた ということなので、

乗り換えてみました。

このブログのように、サブドメインなし(zone Apex)で配信していても、問題ないようです。

今までは このブログはGithub PagesとCloudflareを利用し独自ドメインでhttps配信しています(ノ´∀`_)の件 · hoshinotsuyoshi.com のとおり、Cloudflareを使っていました。

やったこと

  • Aレコードの設定
  • Github上のSettingで “Enforce HTTPS”をチェック

Aレコードの設定

before

slack

after

Github Pagesのヘルプページに書いてあるA record(185.199.108.153,185.199.109.153,185.199.110.153,185.199.111.153)を全て設定します。

slack

オレンジの雲マークのままだと、CloudflareのCDNのIPアドレスがAレコードとして返ってしまうので、この雲をグレーの雲マーク(DNS only)に変更する必要があります。 実はこの設定に気づかなくてハマったのは恥ずかしい。

Github上のSettingで “Enforce HTTPS”をチェック

https://github.com/(リポジトリ名)/settings で、 「Enforce HTTPS」にチェックします。

slack

私の場合、正しいAレコードを設定したのにもかかわらず、Unavailable for your site because your domain is not properly configured to support HTTPS と表示され、なかなかチェックが可能な状態になりませんでした。

このforumに書かれているとおり、カスタムドメイン名を一旦空にしてもう一度入力すると、Aレコードを改めてfetchしてくれるのか、チェックが可能な状態になりました。

スピード比較してみた

適当なabコマンドで並列数2で数秒試してみました。

cloudflare

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%     85
  66%     93
  75%     99
  80%    103
  90%    120
  95%    154
  98%    353
  99%   1092
 100%   1530 (longest request)

github

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%     65
  66%     68
  75%     70
  80%     71
  90%     77
  95%     82
  98%     99
  99%    180
 100%    315 (longest request)

中央値ベースでちょっと速くなりました。

Author

hoshinotsuyoshi

星野剛志(ほしのつよし) web application engineer. ruby/rails/docker